楽しい一日

懸賞 2011年 12月 02日 懸賞

今日はあちこち、周ってきました。
まずは星ビルのアンティークドール展へ。
ケストナーやマルセルの小さい子たちに可愛いこが沢山居ました。
とっても美人さんな15センチくらいかしら?そのケストナーちゃんはママが決まっていました。
そのこはとっても麗しい天使の柄のそりに乗っています。
そりは別売りで、ありました。
廿日市市の展覧会のときに会場にお飾りしてあった、真鍮?だったか、そのそりを思い出しました。
表面にも傷ひとつないそれはフォルムといい、なんとも素晴らしいものでした。
それと12.3センチくらいのこれまた凄く可愛い子とセット販売されていた
オルモル?なのか、金属のトリミングのガラスケース!!深くて全面はなんともいえない綺麗なカーブを描いていて、もううっとりでした!!中にはふかふかの布が敷き詰められてあり、そのなかに
そのこと可愛い金属のバッグ?などの小物と一緒に入っていました。
そのこも素晴らしく可愛いお顔にドレスでした。
30数万円?!だとか・・私にはとても手の届かないお品ですが、目の保養をさせて頂きました。
ガラスケースの裏側は深紅のベルベット張りでした。

ほかにもやはり綺麗なアールの引き出しをもつカルトナージュの引き出しなど。
大きな衝立も、お人形サイズで。

うっとりなヴィクトリアンボネも2つ展示してありました。
モーブ色のオーストリッチの羽根が麗しく、ベルベットの毛は抜けてる部分もあるものの、
素適なデザインでした。
もうひとつはグリーンの羽根でワックスフラワーの大きめなものが布の花びらにみたてた部分に
綺麗に溶け込んでいました。

お人形は勿論とっても綺麗な可愛いこがいっぱいいました。
カレンダーに登場している麗しいブリュちゃんも♪
来年のカレンダーも連れて帰ります。
そしてお楽しみはレースなどの材料です。
f0193762_15251379.jpg

お友達のお買い物。
金属のパーツです。
竪琴のような形のは後ろが割りピンになっています!これは1個のみでした。
もうひとつのは両面が同じデザインです。
f0193762_15273731.jpg
f0193762_15281341.jpg

小さなオーバル型のボタン??穴が2つだからボタンですよね?
小さめな羽根、彼女はご自分の帽子につけるのかも?
黒いのは中央がシルクチュールで、端にレースと間には黒のリボンが縫ってあります。
あらら、裏側が写っていますね。。
4.5メートルもあったので、分けていただくことに♪
幅も広くてこれをボネのリボンにしたらとても素適でしょう??
f0193762_15323430.jpg

私はこちらの金属パーツを選びました。
形の素適なものは、お人形のバッグに使えないかしら?
もうひとつのは自分ようのバッグのお飾りにどうかしら??なんていろいろ楽しく想像したりして♪
ランチを摂りながらあれこれと使い道をおしゃべりして。
それからエンジェルドールズさんへ。
ミニチュアドール展が今日から始まっています。
河本さんの小さい子たち、もうママが決まっていました。
小澤ゆかりさんのすやすやベビーちゃんや小さいベアちゃん、マリアンドールさんのセット。
どれもこれも小さいけれど、大きな夢の世界へと誘ってくれます。
お店の中央には大きなブリュちゃんが立っていました。
お目目のぐりっと大きい子です。強い意志を感じる素晴らしいこでした。
そのこより少し小さいこも可愛いドレスにボネを着ていて。
そして私たちは美しいヴィクトリアンボネも見せていただきました。
これは!!と目を見張る素晴らしいデザイン。
風とともに去りぬの映画でメラニーが被っていたようなワイアー沢山で縫い縮めてあるタイプや、
レディーのお散歩のときに陽にやけないようにか、顔をぐるっと覆うブレードのボネ。
それらはどちらも子供用だったそうです。
大きいお人形にはちょうど良いくらいのサイズです。
アンティークのお見本に連れて帰りたいくらいでしたが、ぐっとガマンの子です。。
ほかにもいくつか、大好きなタイプのボネがありました。
ああ、素適!!とじっと目に焼き付けて・・
こちらには、星ビルで見た天使の柄のそりと全く同じ細工のジュエリーケースでしょうか?
昔レディーの旅行に時計などの大切なジュエリーをいれて運んだとか、聞いたことがありますが、馬車の形の箱がありました。
本当に同じ工房のものかなと思う同じ天使の柄が入って」いるのです。
そこに小さなビスクドールがお座りして飾ってありました。
同じ日に素適なものを見れて幸せな気分です♪

こちらのカレンダーはまだ出来ておらず、20日過ぎあたりになるらしいとのことでした。
美術館級のお人形の写真の仕上げにお時間かけていらっしゃるそうです。
カレンダーというよりはポスターに近い気持ちで楽しむので、来年になっても
いつまでもお待ちしています♪

それからポーラへ移動中にミキモトの前を。
f0193762_1550519.jpg
f0193762_15502221.jpg

通りの向かい側からの撮影なので、いまいちですが銀座のクリスマスの気分を感じていただけたら嬉しいです。
ポーラの写真展は女性で込み合っていました。
1900年代初めから10年ごとにフィルムがまわっていて鑑賞できました。
ファッションの変遷をかいまみることが出来ました。
写真はとても洗練されていて、素適なドレスにはほとんど帽子がセットされています。
私は雑誌の表紙のディオールのあの帽子の写真が一番印象に残りました。

それからネックレスネックレスへ。
新しいお店はプランタンの近くにあります。
渋谷のお店のイメージとは全然違い、洗練されたビーズのサロンといった趣でした。
ゆったりとアクササリーをオーダーしたりできるようにとイメージされて作ったお店のようです。
ブレードや布などはまだ少ししか置いてありませんでしたが、これから少しずつ増やしていくとのことです。
ビーズは小さいケースにいれてあって、テーブルに並べて椅子に座ってじっくりと選べるように
なっています。
f0193762_1605837.jpg

ヴィンテージビーズを少しだけ、買いました。
ちょうどベスちゃんのドレスに刺すものを探さなくちゃと思っていたのでラッキーでした。
もう日も暮れて、そこで彼女とさよならして次の会場へ。
f0193762_166138.jpg
f0193762_1661270.jpg
f0193762_1662547.jpg

スパンアートギャラリー。少女幻想というタイトル。
沢山の作家さまが参加なさっていまして2点ずつ出展されていました。
東逸子さん、村澤美独さんの絵、の少女素適でした。
沢渡さんの写真、少女アリスの写真集を思い出します。
宇野さん金子さんの作品は勿論素適!
山本じんさん、建石修志さん、味戸ケイコさんの作品久しぶりに拝見しました。

f0193762_16181292.jpg
f0193762_16183012.jpg

丸ビルでは宝塚がきます!!っていうイベントがこれからあるらしく、
マリーアントワネットのドレスなどが展示してありました。
ここにも可愛いそりがありました。
あれ、大きなツリーも写したはずなのに・・??
丸ビルのそとの街路樹も綺麗にライトアップされていました。
クリスマス気分も味わえました。

銀座界隈はあちこち、一度にまわれて効率がよくて便利ですね。
とっても風が冷たい夜になりました。
暖かいお部屋で星ビルカレンダーを眺めて、気分もほっこりと。
雨にあわずラッキーでした。世間の皆さまはすっかり冬のコートにブーツのいでたち。
真冬のお洋服もださなくちゃいけない季節になりましたね。
[PR]

by victorian_bonnet | 2011-12-02 15:05 | 日々の事 | Comments(0)

<< 人形通信   ドルチェ・クレーマのお教室 >>