2009年 08月 08日 ( 1 )

懸賞 懸賞

ゆうすげさまのレース編み

懸賞 2009年 08月 08日 懸賞

Maison Blanche のゆうすげさまから素適なプレゼントが届きました!
f0193762_12344467.jpg

天使のドイリーです♪天使好きの私のために編んでくださいました。
f0193762_12353445.jpg

こちらのほうが見えやすいでしょうか?
天使の柄のこういったかんじのドイリーが欲しいなぁって、ずっと想ってたので、びっくり!!
もうすごく嬉しいです♪
そしてこちらは
f0193762_12373455.jpg

素適なブローチなんですよ。
パンジーや小花の部分は刺繍糸を使って編まれたそうなんです。
やさしげで、可憐なお花にラインストーンやレースをあしらって。
f0193762_12425539.jpg

台紙には天使ちゃんがついています。ゆうすげさまのセンスが光っていますね♪
どのお洋服につけようか、とても楽しみです。
ゆうすげさま、ありがとうございます。小さなお花が編めるって素適です!

昨日は夫と近くのキャンパスにヴァイオリンのコンサートに行ってきました。
f0193762_12445793.jpg

区報に載っていて、抽選で参加者が決まります。それに当たったのです。
f0193762_12462059.jpg
f0193762_12463267.jpg

無伴奏でヴァイオリンの演奏を聴いたのは初めてでした。
藝大のキャンパス内のサロンにて200名程度が聞くことができたのです。
前から2列目でしたので、演奏者から3メートルくらいしか離れていなかったのです。
ヴァイオリンのこともクラシックのことも、詳しくはありません。
それでもああ、これが超絶技巧のテクニックなんだって、実感しました。
あんなにヴァイオリンの本体に響いて音が出てくるんだって事や、指で弦を爪弾くところや、
弦を弓がこすって音が出てくるんだ。。。って事など、当たり前のようで、ちゃんと実感したことのなかった
いろいろを体験できてとても有意義な時間でした。
f0193762_1362168.jpg
演奏されたのは高校から大学も藝大でその後ジュリアード音楽院に留学された長原幸太さんという方でした。
12歳で東京交響楽団と共演されたあと、各賞を最年少で受賞されたり、国内外で、素晴らしい活躍を続けられていらっしゃいます。
とてもラッキーでした♪これからも機会があったら、生の演奏をもっと聴いてみたいなって思います。
[PR]

by victorian_bonnet | 2009-08-08 12:32 | 日々の事 | Comments(0)