<   2013年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

退院しました

懸賞 2013年 03月 31日 懸賞

f0193762_13573445.jpg

昨日父は予想よりも早くリハビリを始めて良いと、退院しました。ホームでは手厚い介護にて、リハビリを助けてくれるというので、少しほっとしています。とは言え、骨折してからの数日の記憶が跳んでいて、認知症がかなり進んでいる様子、慣れないホームで、また夜中にぼんやりとしてしまうかも、また一人で動こうとして更に痛めたりしないか、心配は尽きません。今は母の病院に来ています。朝御飯ほとんど食べていないとの事、私がお箸をもち、食べさせました。今日は検査もなく、寝てばかりで、お腹が空かないのでしょうね。それでも薬もあるし、少しは食べてもらわないと。白飯は一口、あとは随分と口に運びました。 そして私の昼御飯。抹茶いりの緑茶、蓋を開けて、よく振ると抹茶が混ざるというお茶を飲んでみました。いろんなのが出てきますね。ここは8階で、見晴らしがよいです。日曜日なのに、煙突からもうもうと白い煙が出ています。今日は花粉も多いそうです。病院て、なんかパワーを吸いとられる、みたいな感じで、とても疲れますね。母の退院のメドはいつになっ
たらつくのかしら。
[PR]

by victorian_bonnet | 2013-03-31 13:57 | Comments(0)

母が…

懸賞 2013年 03月 27日 懸賞

今日は私の誕生日ですが、朝早くから携帯に連絡が入り。母がまた意識レベル低下で、救急搬送されたと。ホーム近くの病院からステントを入れた心臓の病院に転院しました。あれこれ検査をして、数日様子を診ましょう、となりました。 初めの病院では、心臓停止の場合にそうかんするかを考えておくように言われて、ぎょっ、としました。自発呼吸が出来ないと2週間ほどで、喉を切開すると。そうしたらもう話が出来なくなるし、食事もチューブになるのかなあ。幸い、いまは落ち着き、意識もあるので、少しの間、ほっとしています。後で父の病院にも行かなくては。いつも意識がなくなっても原因は特定出来ません。いつまたこうなるか、恐ろしいです。ひとまず母が退院するまでは、こちらにいて付き添い致しましょう。朝から雨降っていましたが、やっと上がりました。妹と食事に行こうかなと思っていましたが、とてもそんな気分でもないので、うちで、済ませることにします。
[PR]

by victorian_bonnet | 2013-03-27 16:03 | Comments(0)

にゃんこ

懸賞 2013年 03月 23日 懸賞

f0193762_10491045.jpg

妹の飼ってる二匹のにゃんこです。毎日妹の部屋から自宅とスーパーと病院を往復しています。自宅に私の荷物も、父の荷物も置いてあるので、行ったり来たり、ホームにも通ったり、1日の時間がどんどん過ぎていきます。まずは1週間様子を見て、痛みと相談しながら、リハビリ開始の日取りとか、決めていきましょう、なことしか、わかっていないのです。いまは出来るだけ話しかけて、認知症が進まないようにするしか、ありません。医師にはっきり認知症と言われて、やっぱりそうなのね、とがっくりしながらも、現実だと覚悟しなくては。 今日は私達の結婚記念日です。夫に申し訳ないけれど、私達の人生はこれからもずっと続いていくのだから、こういう日があることもその1ページなのですね。さあ、今日も1日頑張っていきましょう。
[PR]

by victorian_bonnet | 2013-03-23 10:49 | Comments(2)

春の嵐

懸賞 2013年 03月 20日 懸賞

父がホームへ入所、の引っ越しを月曜日にしました。その日に限り、雨風が強く、春の嵐でした。昨日までで、荷物の片付けもずいぶんと進み、これでもう安心と、ほっとしておりました。ところが、夜中にベッドから落ちて、腰を打ち、うずくまっているところを巡回の方に発見されて、救急搬送されました。骨盤の骨がひび、折れているそうで、安静のため、入院となりました。私の戻る予定も延期になりました。まさかこんな事になるとは想像もつきませんでした…
[PR]

by victorian_bonnet | 2013-03-20 12:04 | Comments(0)

トランク

懸賞 2013年 03月 06日 懸賞

f0193762_15443846.jpg

土倉教室にてトランクの講習会がありました。アンジュのトランクです。
[PR]

by victorian_bonnet | 2013-03-06 15:44 | Comments(1)

幌馬車のようなボネ

懸賞 2013年 03月 04日 懸賞

昨年手にいれたもの。
f0193762_12182649.jpg

そんなに古い時代のものではなくて、多分50年前程度?
f0193762_12193715.jpg

一重仕立て。玉虫色の織り。
初めてこれをみかけたとき、凄く古いものかと思いました。
でも手にとってみると、あら。
もしや演劇のために衣装係が作ったの?
でもプリーツ折ってあるし。
古い時代のもの、よく研究してあるみたい。。
f0193762_12411217.jpg
f0193762_12412711.jpg

りぼんが幅が広いのもお気に入り♪
色が私の好みじゃないのだけれど、形は好き!なので。
左右のお飾りがシンプルなのに効いているでしょう?
ボネは耳もすっぽり被るから暖かいのです。
でも櫛で固定しないので、ちょっと私には被りにくいかな。。
友人に話したら、まぁ、幌馬車のほろみたいなの?!早く見たいわ!!って。
どんな古めかしいボネでもなんとも思いませんが、これは
被ってると妙に周囲の視線を感じます。。
私が被りにくいって思いながら被ってるからかも・・ね。
これ前後の差がほとんどないみたいで、安定が悪い感じ。。
これ、ほどいてちゃんとパターンとって、製図しなおせばいいのよね。。
なんか、これ被ってると田舎のお婆さんみたいな・・気分になっちゃうの。。
お友達は、あら、赤頭巾ちゃんみたいよーって言ってくださるのだけど。。

ただ、これってぺったんこにたためる?ので、持ち運びには便利です。
やっぱりブリムがちゃんとハードな芯いりが被りやすいかなあ。。

タモシャンターをつくりました。
お客様にお届けできてほっとしました。
f0193762_136104.jpg
f0193762_1362656.jpg

基本は共布のりぼんですが、レースのりぼんも、コサージュもつくり、
あれこれ楽しんでいただけるように。
f0193762_1375981.jpg
f0193762_1381214.jpg

タモシャンターは、いわゆるベレーのベルトがついたタイプのことです。
昔からよくベレーは被っていました。
特にタモシャンターは大好きで、いくつも持っています。
久しぶりにつくりました。
これから帰省しますが、戻ってきたらもうひとつ、のタモシャンターつくります♪
実家の地方は黄砂に加え、中国からの2.5?!も飛来してきてるようで、
気を引き締めて!頑張ってきます。ではまた。
[PR]

by victorian_bonnet | 2013-03-04 13:17 | ヴィンテージハット | Comments(0)

お雛まつりなので。。

懸賞 2013年 03月 03日 懸賞

f0193762_2051783.jpg
f0193762_20512288.jpg

小さいビスクドールちゃん。
可愛いな♪
慌しいながらも、夫とはしばらく別々なもので、
桜の塩漬けを混ぜて散らし寿司をつくりました。
f0193762_20324467.jpg

お人形を出す間もなくて。
兎ちゃんを取り出しました。
f0193762_2034530.jpg
兎ランプもコースターも一緒に。
以前猫ちゃんと同じタイプの兎ちゃんのミルクピッチャーもあったのだけど、あの3.11のときに
天国へ一人で逝ってしまいまして。。
f0193762_20342091.jpg
f0193762_20343254.jpg

大きい兎ちゃんは装順先生の生徒の私の友達が作って」くれたものです。
昔代官山の駅のそばのギャラリーで装順先生の個展がありました。
そのとき、その友人と個展を見たのですが、この兎ちゃんが可愛くて♪
それを覚えていてくれた彼女が後日、縮緬を貼ってつくってくれました。
この兎ちゃんは、その昔天野可淡先生が手がけていらした兎ちゃんで、
それを吉田良一先生と一緒にピグマリオンのお教室で教えていらしたときに装順先生が
そちらに師事されて、以降装順先生は縮緬の兎ちゃんや和紙をはったタイプをつくられて。
それをさらに友人がお習いして、私のところへやってきてくれた、ということなのでした。
小さい兎ちゃんは装順先生が銀座松屋のギャラリーで展示されたときに求めたものです。
毎年お雛様の季節には主人公!になってくれています♪
しっぽもあんよも、お手手も首もちゃんと関節があって動きます、大きい子。
自立してるしね?!♪
今日はひなあられのみ。和菓子は先日沢山食べてしまったし、実家にいくと
どうしても父が甘いもの好きで、ついつい食べさせるので、私もちょびっとは?食べてしまう羽目になって。。
お酒もあんこも、キャンディーも大好きなのに、糖尿病の心配が全くない、父ってどうなの?!
[PR]

by victorian_bonnet | 2013-03-03 20:59 | 日々の事 | Comments(0)

羽子板と麦わら

懸賞 2013年 03月 03日 懸賞

今日はおひな祭りですね。
今夜から夫は出張だし、私は明日から帰省なもので、
今日は荷物作ったり、あれこれと慌しくしていました。
お人形と遊ぶ時間もなく。。
先日の写真をご覧になってくださいませ。
f0193762_20124660.jpg
f0193762_20131966.jpg
f0193762_20135438.jpg
f0193762_20142838.jpg

羽子板の作家さまの作品が展示されていました。
作り方の説明もありました。
f0193762_20173587.jpg
f0193762_20175944.jpg
f0193762_20182520.jpg
f0193762_20184967.jpg
f0193762_20191857.jpg
f0193762_20194356.jpg

小さい羽子板も可愛くて!
f0193762_20203841.jpg
f0193762_2021787.jpg
f0193762_20213572.jpg
f0193762_20214910.jpg
f0193762_20221438.jpg

押絵羽子板、秀花さん。
くれよんしんちゃんも春日部のお話なんですよね。
麦わら帽子も春日部の名産なんです。
有限会社吉村商店さん。
f0193762_20252192.jpg
f0193762_202540100.jpg
f0193762_2026132.jpg
f0193762_20262210.jpg
f0193762_20263950.jpg
f0193762_20265729.jpg
f0193762_20272647.jpg
f0193762_20274816.jpg
f0193762_20294014.jpg

[PR]

by victorian_bonnet | 2013-03-03 20:31 | 展覧会 | Comments(0)

金色の兎ちゃん♪

懸賞 2013年 03月 02日 懸賞

昨日の展覧会フロアには素適な羽子板の展示がありました。
その写真はまた明日。。
帰りに見つけた可愛いもの!
それは
f0193762_19324148.jpg

というか、このこたちは以前にスイスにお住まいでした友人からのお土産でした。
RINDTのチョコレートの兎ちゃん。
見つけたというのは
f0193762_1934301.jpg

なんと缶いりの兎ちゃんチョコなのです♪
ちょっとニヒルなお顔のうさちゃんであります。
缶の厚みは薄いのですが、ちゃんと自立しています。ふたの段差の分で立ってるみたい。
こちらは
f0193762_19363230.jpg

一番上のサイズのうさちゃんが2人向き合って入っています。
フレンズというタイトルのセットなんですって!
向かい合ってちゅってしてるようにも見えますね?
f0193762_19383063.jpg

全員集合!
サイズは3種類ありました。
うちにあるのは10センチくらいの大きさかと思っていて、それは買わなかったのですが、
冷蔵庫に保存してあるのは、この中サイズでした。。
一番小さいうさちゃんは5コセットのにしました。
f0193762_19403252.jpg

透明なカプセル、卵型のに、ちび兎1羽と卵型チョコが入ってるのもありました。
でもうさちゃんは1羽だけなのです。
お店には巨大なサイズ40センチ?もっとかしら、そんな大きい兎ちゃんもいました。
銀座の路面店にはそちらの販売もあるそうです。
ちなみに中は空洞です、それはお値段1万円なり・・
それでも場所柄?巨大兎ちゃんも売れているそうです。。
今まではスイスからお取り寄せでもしないと手に入らないのかと思っていました。
駅ビルには11月ころからテナントで入っていたとか!知らなかった・・
これからはいつでも買える!かと思ったらそうはいかず、このうさちゃんは
ホワイトディー用なのだそうです。
私は去年?からだったか、モロゾフのかな?兎かhんの箱いりのチョコもじっと我慢のこ、
でしたので、この缶いりは買ってもいいよね?って。
f0193762_1946467.jpg
f0193762_194732.jpg

缶のなかはこんな風。
兎ちゃんは1羽、で卵型が周りに7個です。
来年も多分買えるでしょうから今回は食べちゃってもいいかな?
でもきっとしばらくは、鑑賞用ですね、きっと。
一番上の右の小さい兎ちゃんは、お友達から頂きました。
そのこもじっと冷蔵庫の住人です。。ふふっ。
f0193762_19501516.jpg
f0193762_19502910.jpg

猫の額さんからのお知らせです。
[PR]

by victorian_bonnet | 2013-03-02 19:54 | 小さな素適 | Comments(2)

布花続き

懸賞 2013年 03月 01日 懸賞

フラッシュたいたりたかなかったりで、、ピンボケも多数あり。。
お見苦しい点はどうか、ご容赦くださいませ。
ここからはフラッシュたいてる写真です。
花壇は3段になっていて、本当にたっぷりのお花が活けこんであります!
あまりの多さに搬入というか、活けこみがとーっても大変だったそうです!!
先生はもちろんのこと、講師の先生方、スタッフの皆さま、お疲れ様でございます。
先生はオランダのチューリップも現地でご覧になられて、その体験もいかされての
製作だったことでしょうね。
フェルメールの青がテーマで、ラピスラズリのお色、意識されて。
今回のフェルメールの作品は全37点をリ・クリエイト!されたものになります。
フェルメール・センター・デルフトより、提供を受けた画像素材を最新技術により、350年前の
色彩を求めて美しく再創作。この作業をre-createと呼ぶ、だそうです。パンフレットより。
模写でも複製でもない・・失われたであろう色彩も再現されたということだそうです。
福岡伸一さん監修です。会場には興味深いフェルメールと仲間たちとのことについても
説明があったりして、面白い内容でした。
私は実物の展覧会にはいけなかったので、こちらでじっくりと拝見できて嬉しかったです♪
絵の具も展示してありました。
ほかの画家たちはたくさんの色を使うのに、フェルメールはわずか7色をつかって
あれだけのものを表現したとか。
ラピスラズリをつかった、ということは有名ですよね。
あの青、オレンジがかった赤、黄色この3色がとても目立つ作品でした。
f0193762_2022445.jpg
f0193762_2023514.jpg
f0193762_20232760.jpg
f0193762_20234598.jpg
f0193762_2024679.jpg
f0193762_20242547.jpg
f0193762_20244753.jpg
f0193762_2025870.jpg
f0193762_20252787.jpg
f0193762_20254575.jpg
f0193762_2026515.jpg
f0193762_20262127.jpg
f0193762_20264148.jpg
f0193762_202748.jpg
f0193762_20272031.jpg
f0193762_2027394.jpg
f0193762_2028621.jpg
f0193762_20283266.jpg
f0193762_20285139.jpg
f0193762_2029109.jpg
f0193762_20292932.jpg

アレンジメントの体験レッスンがあります♪
今回は時間は40分、組み立てからではなく、すでに先生がつくってくださってる
お花を組んでいくお勉強です。
なので、お花は全く初めて!という方も大丈夫です!
私は残念ながら帰省してるので参加出来なくて。。
同じフロアでは春日部の特産品のご紹介、展示もありました。
長いのでまたまた続きます・・
[PR]

by victorian_bonnet | 2013-03-01 20:50 | 布花 | Comments(4)