ドールカレンダー

懸賞 2009年 06月 09日 懸賞

先日ビスクドールやレースドールを手がけていらしたお友達から、プレゼントされました♪
f0193762_2153245.jpg
f0193762_2155326.jpg

ドイツのカレンダーかしら??
私毎年お人形と天使、ヴィクトリアンなカレンダーは、必死で探してるのですが、このサイズ、葉書きより少し大きいくらいの、これは初めて見ました。
もっと小さいのはいくつか持っているのですけれど。。。
表紙のこのお人形も馬車もすごく可愛いでしょう??
白いわんちゃんもお供していますね♪
f0193762_2195933.jpg

1875年のブリュちゃんです。
身長は29センチだそうです。渋いブルーのドレスが可愛さを更に引き立てていますね?!
小物のひとつひとつが凝ったつくりです。
f0193762_21122927.jpg

こちらは1907年のジュモウです。
54センチサイズ。

1996年のカレンダーです。
この頃まではまだ割りに色々と入ってきてたわね?って彼女もそういってました。
ここ数年は全く素適なのが輸入されなくなったというか、メーカーさんが倒産してしまったりしてるそうなんです。。。
ドイツのプッペンというカレンダーが大のお気に入りでしたのに、もう作られていないのです。。悲しい。。。
[PR]

# by victorian_bonnet | 2009-06-09 21:03 | 人形 | Comments(0)

プランタンと。。。

懸賞 2009年 06月 08日 懸賞

f0193762_20564263.jpg
f0193762_20565750.jpg

中島みきこさんのお人形展です。
上尾市にて。
f0193762_20581612.jpg
f0193762_20583359.jpg

恒例プランタンデパートのアンティークバザールが12日からです。
日にちにより出展されるショップさんが異なりますので、ご注意くださいね。

f0193762_2102559.jpg
f0193762_2104137.jpg

渋谷の文化村にて、だまし絵展があります。
だましえって、本当にあらっ!ってことが繰り返されるので、面白いですよね??
行ってみたいな♪2ヶ月近く。。長く開催されるので、ご興味あるかたは是非どうぞ!
[PR]

# by victorian_bonnet | 2009-06-08 20:55 | 展覧会 | Comments(0)

クララ・シューマンの映画

懸賞 2009年 06月 06日 懸賞

文化村ル・シネマでの夏ころのロードショウです。
f0193762_15354727.jpg
f0193762_1536130.jpg
f0193762_15361476.jpg

ロベルト・シューマンとヨハネス・ブラームスの2人の天才に愛された女神 クララのお話です。

それをブラームスの末裔の監督が描く!!だそうで、興味深いものがありますね。
美しい映像と素晴らしい音楽が織り込まれた作品でしょう。
チャンスがあったら見てみたいものです。
f0193762_15412126.jpg

これは妹が使ってるネグリンのペンダントです。
彼女のドレスは襟開きが大きくて、こういうものがよく似合います♪

f0193762_15425447.jpg
f0193762_1543916.jpg
f0193762_15432977.jpg

これは妹の友人が描いたトールペイントの作品です。
印鑑ケースに描いたものは珍しくはありませんが、印鑑自体をお飾りしてるというのが可愛いわね!!って。
[PR]

# by victorian_bonnet | 2009-06-06 15:33 | 日々の事 | Comments(2)

映画鑑賞

懸賞 2009年 06月 05日 懸賞

4日の日、新宿に続き、渋谷へ移動して、映画を観て来ました。
ある公爵夫人の生涯です。5日までだったので、なんとか間に合いました。。
f0193762_15223575.jpg


ストーリーなどはご覧になられた方も多く、いまさら今頃何??って言われそうですが。。汗。。
背景もドレス、帽子、どれも申し分なく素適でした。
想像してたよりも、もっと壮絶なシーンなどもあり、なんて悲劇的な人生なんでしょう!!って。

何を犠牲にしても我が子は守りたい、手放したくない!という感覚は子供の居ない私には想像すらつかない事なのですが。。。
夫の愛人のベス、レディーエリザベス。フォスターは当時としては珍しく離婚した女性だったそうです。
その彼女は子供を自分の手に取り戻すためには公爵の言うがままにされても仕方なかった。。とジョージアナに弁明するのですが、ただそれだけではなく、女性としての肉欲にも誘惑されたのに違いない。。と感じました。それに愛人といっても夫人と対等なほどに、社交界の花として大切に扱われて、贅沢三昧、そして子供も、まるで公爵の子供かのように、大事に扱われたのですものね。。。

今の時代の愛人、日陰の身。。という観念とは随分違いますよね。
それにしても夫人のお仕事の一番が男子を出産することに尽きる!!というのが何とも言えません。。。
日本史では、側室の子供も跡継ぎに選ばれることもあったようですが、デヴォンシャー公爵はあくまで
正当な血筋の男子にこだわっています。
その当時、デヴォンシャー家は代々イギリス政治史の中核を担う逸材を輩出しており、ジョージアナの義理の父は首相も勤めていたそうです。

その彼女がのちの首相となったチャールズ・グレイ第2代グレイ伯爵と恋に落ちるというのも、なんとも皮肉な運命と思えます。。
彼女が初めて公爵に会ったのは15歳、その2年後の17歳で結婚します。
男子ばかりを流産したなどと不幸が続いて、愛人の子と犬ばかりを可愛がる冷たい夫と親友から一転して愛人となってしまった友人。。。3人が一緒のテーブルで食事を摂るシーンが何度も出てきます。
私たちには異常に見えるその光景は当時としてはごく当然だったのでしょうね??

それにしてもジョージアナが屈辱に耐えてまで出産した男児、ウイリアムジョージ、第6代の公爵は生涯独身を貫いたなんて、それも随分な悲劇、神様の悪戯でしょうか。。。。??

ジョージアナの長女は弟が独身を通したため、父第5代公爵の兄弟の子孫??かしら?その方が第7代公爵となりますが、第7代の夫人となったため、今もジョージアナの血筋は脈々とデヴォンシャー家に受け継がれているようです。
イギリスの貴族の家系はなんとも華麗なのですね。

ジョージアナの兄弟第2代スペンサー伯爵から7代後の9代伯爵の娘として、元イギリス王太子夫人となった
ダイアナ妃はジョージアナから204年後に生まれたことになります。
世界中に愛されただ夫から愛されなかった悲劇の姫。。とこの映画はうたっていましたが、ダイアナ妃は少なくとも男子を2人出産したのですから、そういう意味のみでは非難されることはなかったのでしょう。。。

跡継ぎを産まない。。。として責められて辛い思いをなさった。。。女性としては今の日本の皇室の皇太子妃
雅子さまにも重なる。。。というふうに考えずにはいられませんでした。。。
類まれなる才能があるゆえの苦難。。。

つくづくそんな時代に生まれなかったことのありがたさを痛感しました。。
[PR]

# by victorian_bonnet | 2009-06-05 14:26 | 日々の事 | Comments(0)

衣装展

懸賞 2009年 06月 04日 懸賞

今日は新宿の文化学院の服飾博物館に行きました。
優品でたどるヨーロピアン・モード展です。
f0193762_13263396.jpg

f0193762_13265635.jpg
f0193762_13271937.jpg

文化学園は30周年で記念展だそうなの。
博物館も新しくなってて。
私が通ってた頃には何度か収容されてるドレスを見ていましたが、今では同じドレスを見たとしても、思い込みも受け取り方も、お子ちゃまだった時とは違います。

ゆったりとしたスペースで思う存分鑑賞できました♪
やっぱり私はバッスルの時代のドレスが好き♪
ローブ・アラ・フランセーズは目黒のときにたっぷり見ましたが、1830から1850年のジゴ袖色々見れたし。
ディドレスの素材も刺繍もとても素晴らしかったです。
アール・ネーヴォー期のイヴニングドレスにはもうただただうっとりでした。柔らかいシフォンにレース、フリルピンタックなどなど、大好きなディテールたっぷり♪
ビーズのバッグや天使の扇、とっても素適なものが沢山あって、次の予定のために1時間くらいで見ましょうね、って言ってたのもすっかり忘れ、2時間以上もゆっくり見てしまいました。
帽子が少なかったのは残念でしたが。。。
今月の15日までです。ご興味あるかたはお急ぎくださいませ♪

そういえばランチのアボカドと炙りサーモンのお丼、美味しかったです。
写真撮るのも忘れてぱくぱく食べてしまいました。
新宿の街を歩いたのも久しぶり。
学生の頃は帰りにタカノでよくお茶しましたっけ。その頃からタカノはあの場所にあったわね。。。
[PR]

# by victorian_bonnet | 2009-06-04 13:23 | ヴィクトリアンなもの | Comments(2)

久久の布花教室

懸賞 2009年 06月 03日 懸賞

5月はお休みしていたので、久しぶりのお教室でした。
私は7月末のカルチャーでのみんなの作品発表に向けて、薔薇と小花いろいろに挑戦です。
まだお見せできる状態じゃないので、少し形になってから。。
f0193762_1303752.jpg

f0193762_1305644.jpg

先輩の薔薇です。一を聞いて十をささっと作ってこられる素晴らしい先輩です。
介護施設に入居されてる I さんはカーネーションを作っています。
f0193762_134317.jpg

お孫さんのために5月には菖蒲の花を作られたそうです。
私が休んでる間に皆様どんどん進んでいました!

服飾用の布も混ぜて作ってる方もいらっしゃいます。
私も頑張らなくちゃ!

介護施設のこと、先生のお話では、ゆったり気持ちをリラックスさせることも出来ないし、まるでホテル暮らしみたいよ。。。て。
家の実家の両親もいずれはそういう場所にお世話になるのかしら??って考えていましたが、出来るだけ
今のまま、住み慣れた家で、家政婦さんを雇ってお世話するほうが良いわよ!!って先生のアドバイス。。
なるほど!!ってすごく参考になりました。
それは体の自由が効かなくなったりしたら、いずれは病院にはいることになるでしょうけど。。
それまでは出来るだけ平和に過ごしてもらいたいな。。って。

私もそういうこと、考える時期が来たんだなあ。。今まで親はひたすら甘えるものだったのにね。。。
[PR]

# by victorian_bonnet | 2009-06-03 12:56 | 布花 | Comments(0)

ラ・ボエーム

懸賞 2009年 06月 02日 懸賞

昨夜遅くにテレビでオペラ映画のラ・ボエームを放映していました。
残念ながら気がついたときには、前半が終わっていて、後半のみ録画できました。
見に行きたかった映画なのですが、どうにも時間がとれずに、あきらめました。
それをこんなにすぐにテレビで放映なんて!!嬉しかった♪
テレビ欄をしっかりチェックしておけば初めから見れたのに。。。
f0193762_14211276.jpg
f0193762_14212813.jpg

パンフレットのこのボネがすごく印象的で是非見たかったのでした。
ヒロインが被っていたカフェでのシーンはほんの少しだけ見れただけでした。
でもそのシーン、たまたまつけたチャンネルで写っていたので、もしや??ボエーム??って気がつきました。
今魅力的な男性歌手?とかいう番組だったみたい。。
でもやっぱり歌声は素適ですが、女性のほうに目がいってしまいます。

後半は2人の悲しい別れを決心するシーンが多いのですが、ヒロインのミミが愛の思い出に、2人で暮らした部屋に残してきたピンクのボンネットを、彼に愛の思い出の品としてもしよければ持っていて欲しいと望むのです!
そしてもうミミの命がいくらもない時に、彼はこのボンネットを取り出し彼女を喜ばせるのです。

途中のシーンで、もう一組のカップルが、心にもない悪口をたたきながら別れるのに対して、ミミとロドルフォは
寒い冬に一人は辛すぎる、暖かい花の季節になら鳥はさえずり、寂しくないから花の季節に別れようと歌います。
その2組のカップルの対比がとても印象的でした。愛し合ってるのは同じなのに。。。
最後にミミは臨終の場で手が冷たくてマフが欲しいと望みます。
体も冷えているはずなのに、だって、襟ぐりが大きく開いて、ノースリーブのブラウスを着ているのですもの。
そして彼女の友人が自分のマフをミミに渡します。
ミミは手が暖かいとゆっくり休めそうと、両手をマフに入れたまま、静かに息を引き取るのでした。
f0193762_14343464.jpg
f0193762_1434481.jpg

私マフにもずっと憧れていて、1年くらい前にアンティークのマフを手に入れたのです。
でもでもいつも荷物の多い私。。まだ優雅にマフを持ってのお出かけは実現していません。。。

ヒロインがこだわった小物が私の大好きなボンネットとマフというのが何ともいえず、更に印象的な映画となりました。
お話は悲しい。。。恋人に手も握ってもらえず、彼は静かに落ち着いて眠っていると思ってる間に息を引き取ったのですもの。。。。。
それでもミミの魂はずっと彼のそばに居続けるのでしょうね。。。

お話はハッピーエンドが好きです。悲しい終わりだとその後、主人公はどうするのかしら??
更に悲しいストーリーを自分で勝手に想像してしまい、ますます悲しくなったりしちゃうのです。。。

f0193762_14421229.jpg

話は変わって今日はステラママンのお誕生日です。
ステラさま、おめでとうございます!!うちのイタリアの木彫りの天使ちゃんからも祝福を贈らせていただきますね♪
f0193762_1443569.jpg

[PR]

# by victorian_bonnet | 2009-06-02 14:45 | 日々の事 | Comments(6)

アンティークドールフェア

懸賞 2009年 05月 31日 懸賞

昨日は北九州から土倉先生と広島からKさまが上京なさいました。
来年のお2人展の会場の下見なんです。
何件かご覧になって、決まりました。
まだ一年先ですが、1年って結構早く経つもので、今から楽しみです♪

エンジェルドールズさんも行ってきました。
f0193762_1961626.jpg
f0193762_1963945.jpg

右側のブリュちゃんはお店に居ましたよ。
とーっても可愛くて、うっとりです。

もう会期は終わってしまいましたが、今も展示してあるものが、ありました。
f0193762_1993149.jpg
f0193762_1910761.jpg

アンティークミニョネットとアンティークのバスケットなど、ちいちゃくてかわゆいものが沢山♪
浦野由美さんのお人形、素適でした。

銀座教会ギャラリーエルピスでは中島蓉子さまのお人形展開催中です。明日まで。
f0193762_19142287.jpg
f0193762_19143529.jpg

[PR]

# by victorian_bonnet | 2009-05-31 19:15 | 人形 | Comments(0)

うちわ海老

懸賞 2009年 05月 31日 懸賞

実家に居た時、妹に美味しいお店に連れてってもらいました。
そこは2階が刺身のおいしい居酒屋さんなのですが、3階はカウンターのみで、まるでお寿司やさんのような感じでした。
f0193762_14355428.jpg
f0193762_14363432.jpg

この妙な形のものがうちわ海老っていうのです!
見た目だけでは本当に美味しいのか??ってかんじですが、生はイセエビみたいに、ぷりぷりっとしていて、甘くてとっても美味しいのです♪
以前下関のお店に連れて行ってもらったときは、大きいのが売り切れていて、小さいのしかなくて。。。
印象が薄かったのでした。。
f0193762_14463092.jpg
f0193762_14464622.jpg
こっちは焼いたものです。香ばしくてそれも美味しかったです。
f0193762_14471481.jpg

生うにや、白身の刺身がやはり美味しくて、帰ってきたなって気がします。
黒鯛、大好き!!
東京では、ダーリンはまぐろが一番好きで、白身にはあんまり興味がないみたいで。。。
一夜干しの河豚も大好きです。

こちらのかたは皆様焼酎がお好き。
父は以前は焼酎ばかりでしたのに、いまは毎日日本酒ばかりです。
私はやっぱりビールが一番好きかな♪
糖質ゼロのカロリーの少ないものを試しに飲んでみましたが、やっぱり美味しくない。。。
この頃はビールを飲んでから赤ワインというパターンが気に入っています。
お酒がすきなのは父譲りです。。
[PR]

# by victorian_bonnet | 2009-05-31 14:57 | 美味しい物 | Comments(0)

お人形教室4回目

懸賞 2009年 05月 30日 懸賞

f0193762_2232742.jpg
f0193762_2234968.jpg

眉毛を普通にかいたら、小さい子供のようなお顔なので、少し垂れ目に見えるような下がった眉毛のほうが、
このこに似合ってるとお直ししていただきました。そうだった。。お目目を入れてみるとなんだか大人っぽくも見えたりして。。。
f0193762_2262160.jpg
ガラスのお目目を入れて、石膏で留めます。
f0193762_226431.jpg
f0193762_2271852.jpg

体のパーツはゴムで結んでつないでいきます。
f0193762_2282317.jpg
f0193762_2284049.jpg

小さい子も髪の毛を縫い付けて、それを頭につけて、完成です。

f0193762_22115934.jpg

アトリエのビルの看板です。可愛いでしょう??

レッスンは午前中から一日、夕方まで続きます。
先生が半日がかりで、磨きやペイントをお直ししてくださって、無理やり4回で2体も完成させることが出来ました。土倉先生、小西先生、ご指導ありがとうございました。
皆様のレッスンにご一緒させていただいてとても幸せでした。
[PR]

# by victorian_bonnet | 2009-05-30 22:01 | 人形 | Comments(2)