美しい日本の歌

懸賞 2018年 03月 04日 懸賞

f0193762_22205593.jpg

f0193762_22205688.jpg

f0193762_22205696.jpg

f0193762_22205652.jpg

たまたま、チャンネルを廻したら、あ、いまは回さない、押したら、ですが、子どもたちに残したい美しい日本の歌、という、番組を放送していました。半分は終わってしまいましたが。花の街、やなせたかしさんの、手のひらを太陽に、をちょうど歌っていました。やなせたかしさんは、アンパンマンより、ずっと前から詩とめるへん、の本を発行なさっていましたね。懐かしい。。そのあと、MOEでしたか、他の本に押されて先に廃刊でしたっけ?
先日のコーラスでも、ちょうど手のひらを、の歌を歌いました。日本の歌には、戦前の悲しい気持ちを表したものもあります。言葉使いが優しくて、礼儀正しくて、とても詩が好きなものが沢山あります。コーラスサークルに入り、覚えた曲も沢山あります。
今週は特に慌ただしく、過ぎていきましたが、このての曲を聞くと、なんだか優しく、ほっとなごんでいきます。
最近の流行りの歌は、あまり、聞きませんが、乱暴だったり、話し言葉ではない、こういう美しい日本の歌は、確かに未来を生きていく子供にも、いつか、聞いて欲しいものだなあ、と感じます。
お風呂に入るつもりが、つい、一緒に口ずさんで歌ってしまいます。
[PR]

by victorian_bonnet | 2018-03-04 22:20 | Comments(0)

<< 赤ちゃんのいる風景   うにのオムライス >>