増渕緑先生のお人形

懸賞 2018年 05月 06日 懸賞

f0193762_11563594.jpg

f0193762_11563566.jpg

f0193762_11563638.jpg

f0193762_11563689.jpg

f0193762_11563620.jpg

f0193762_11563622.jpg

f0193762_1156364.jpg

f0193762_11563717.jpg

f0193762_11563785.jpg

f0193762_11563710.jpg

f0193762_11563715.jpg

f0193762_11563717.jpg

f0193762_11563710.jpg

f0193762_11563880.jpg

f0193762_11563858.jpg

f0193762_11563853.jpg

f0193762_11563842.jpg

f0193762_11563859.jpg

f0193762_11563823.jpg

f0193762_11563993.jpg

f0193762_11563920.jpg

昨日は上野美術館にて開催中の、創彩展、に行きました。増渕先生のお人形がお目当てです。フォレストグリーンの園のむこう、と名付けられた、ブリュちゃん。サックスブルーの夏が近づく、のこ。
ワインレッドの追憶を胸に、のワインのドレスのこ。
私はブリュが好きなので、まずはブリュに目がいきます。
今回は美術館の広いスペースに飾るため、大きな子を用意されたそうです。
宮崎佳子先生はブリュ、AT、森仁子先生は穏やかに、まなざしの彼方、往時をしのびて、。吉田幸子先生は少女の憧れ、無邪気なエスニック、オリエンタルの希望。
新倉啓子先生はジュモー春の想い、ブリューときめき、ブリュー深紅の季節。保谷京子先生はブリュー、ジュモー、スタイナー。熊倉良子先生はアーティ、ブリュー、ジュモー。柏木敬子先生はマドモアゼルマリ、マドモアゼルマキ、マドモアゼルエミリー。
以上8姪の作家さまのタイトルです。リプロダクトにはお名前をつけない場合も多いように感じますが、タイトルをつける、という試みはイメージ世界が広がりやすくて、素敵だなと思いました✨
10日までの開催。7日の月曜日は休館です。
上野公園には沢山の美術館博物館、文化的会館などあり、また上野動物園もありますね、卓さんの家族連れ、カップルなど、大勢の方々で賑わっていました。パンダの赤ちゃん、しゃんしゃんは、事前の応募、抽選により、チケットが当たった方しか、会えない‼そうです。人気者ですものね。
[PR]

by victorian_bonnet | 2018-05-06 11:56 | Comments(0)

<< 大事な1体が   本棚のなかのお人形 >>