2003年の人形展覧会

懸賞 2018年 07月 03日 懸賞

f0193762_22621.jpg

f0193762_22621.jpg

f0193762_226250.jpg

f0193762_226253.jpg

f0193762_226270.jpg

f0193762_226212.jpg

f0193762_226314.jpg

f0193762_226356.jpg

f0193762_226312.jpg

f0193762_226362.jpg

片付けしてますと、あちらこちらから、人形展覧会ハガキが出てきます。
2003年のものが、いくつかあります。
まずはドールフェスタイン、銀座、銀座メルサ5階にある東京セントラル美術館にて。
こちらの会場はあまり記憶ご定かではありませんが、書き込みをしているので、確かに見たのです。三輪輝子先生、レプンクルさま、あの頃、よく拝見していた荒木野馬さま、懐かしいです。木村桜子様。松本千穂さま、沢山の作家さまが出展なさる大きな展覧会でした。カヤ、キヤンさま、個展はプランタン銀座で。あの頃はよく、プランタンでお人形展覧会が開かれていましたね。経営が変わる前の、初めのころのプランタンはパリの香りを感じるような素敵な品揃えで、他のデパートとは、かなりの差をつけていましたね。
三輪輝子先生の個展はドルス、バラードにて。エンジェルドールズとドルス、バラードが分かれる前の。
守田明日香さまは金魚のイメージが強く残っています。
人形魚姫の人形ばかり、とメモしてあります。あの頃はまだDFJという、人形の専門誌が発行されていたのでしたね。ドールフォーラム、ジャパンの略です。ドールフォーラムは初めの何冊かは、知らずに持っていませんでしたが、その後は廃刊になるまで、ずっととっていました。どちらかというと、リプロダクト、ビスクよりも、粘土系の創作に重きをおいていた、感があります。あの冊子は全部大事にしまってあります。いつか、ちゃんと読み直してみようと。
ゆすらさま、は個性的な可愛らしい作品が印象的でした。
まだ、続きます、分けます。
[PR]

by victorian_bonnet | 2018-07-03 22:06 | Comments(0)

<< 2003年の人形展覧会その2   ミニ口金が。。 >>