ティナ先生のボネ

懸賞 2018年 10月 06日 懸賞

f0193762_1394214.jpg

f0193762_1394211.jpg

f0193762_1394294.jpg

f0193762_1394225.jpg

f0193762_1394276.jpg

ドルチェのお教室で教えて頂いた、ティナ先生デザインのふわふわなボネ、皆様とお習いしました。私は9月がお休みでしたから、8月と先日、2日かかりました。
きなりのシルクをふわふわに縫い、先生のとっておきのシルクりぼん、をたっぷりと使わせて頂いて??
岡馬先生のオリジナルドールをエンジェルドールズで教えて頂いたときのこに、被ってもらいました。ふわふわな可愛いボネです。いままで、とりあえず、ヴィンテージのレースボネを被せていました。やっと専用のができて、嬉しいな、と本人も喜んでいるようです。岡馬先生のボディて、それは美しいのです。脱がせてお見せできないのが残念ですが。狭い本棚にぎゅうぎゅうに飾ってあります。。
後ろに写っているのは、イギリスのトム、リンソンさんのリプロのブリュです。
岡馬先生のこ、エプロンか、ネックレス、なにか、ないと寂しいわね。みっじさまの、パンジーのネックレス、あったわね。
[PR]

by victorian_bonnet | 2018-10-06 13:09 | Comments(0)

<< 猫柄のバック   古典絵画と額縁の教室展覧会 >>