突然の。。

懸賞 2018年 10月 17日 懸賞

16日の深夜、電話の音が鳴り響き。。何語とか、と飛び起きました。父のホームの方から、深夜の見回りにいったら、父が何か、食べたようで、窒息している、すでに心肺停止‼️との連絡でした。
すぐに救急搬送されて、心臓マッサージを受けましたが、
窒息の時間が長く続いていたようで、蘇生は叶いませんでした。。しばらくあとに、妹から、死亡確認がされた、と。。あまりに突然の知らせに、これは夢なのかしら?誰がが、驚かせようとしているのか?と、戸惑うばかりで。。
認知症も進んではいるものの、食欲はあり、よちよちながらも、歩いていて、私たち姉妹のことも理解しているし、なのに、これは何?どういうこと。。頭は混乱しても、すぐに来て、と妹からの催促。
薬、喪服、あれこれ、支度して、新幹線へ。ほとんど眠ってないから、途中で、少し眠っていました。11月には父の友達にあう、予定でした。
葬儀場での打ち合わせ。
駆けつけた夫と食事をして。明日はお通夜。
こんなに突然さっさと逝ってしまうなんて、あんまりだわ。2.3年先には。。と覚悟はしていましたが、こんなに急になんて。予想もしていなくて。妹は蘇生のときを間近にみていたから、心臓がばくばく、した、そうです。
わたしはただ、静かに眠っているような、顔しか見ていないから、余計に信じられない!。。どうして。。。
[PR]

by victorian_bonnet | 2018-10-17 00:40 | Comments(0)

<< アトリエ人形倶楽部   リプロダクションドールフェア >>